関宿   

 鈴鹿国定公園の南山麓に位置する「関」は東海道五十三次第47番目の宿場町。天保14年(1843)の記録では旅籠42軒、屋敷632軒、本陣2軒と脇本陣2軒、酒食店99軒があったと記されている。
d0001533_19182776.jpg

d0001533_19184851.jpg

d0001533_1919108.jpg





d0001533_19193289.jpg

d0001533_1920074.jpg

 ナガオ薬局さん。話好きな店主さんが印象的。二階はちょっとした喫茶室になっていて薬草茶をいただいた。奥のお蔵からは今では珍しい昔の薬、日用品などいろんなものが出てくるそうな。「店内」は昔のままでとにかくレトロでなんともいえない雰囲気。
d0001533_19202275.jpg
              Nikon F2 + Nikkor S・C Auto f50 F1.4

 ちょうど先週の土曜日に訪れたのだが、次の日この亀山地方にかなり大きな地震発生。車を停めたJR関駅は瓦が落ちたと報道されていましたが大丈夫でしたかね?
ナガオ薬局さん、昔のレトロな薬の小瓶やら棚にところ狭しと並んでいたけどちょっと心配。。
ナガオ薬局さん
[PR]

by pyonjy | 2007-04-21 19:40 | 街並み | Trackback

トラックバックURL : http://pyontaro2.exblog.jp/tb/5215789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< G.W.の余韻 今年は週末だったので >>