久々の   

カメラネタ。
 最近めっきりフィルムで撮ることも減ってマズイなぁと思いつつ自転車ネタに重宝しているのはお手軽コンデジ。といっても、我が家のは発売以来9年になろうというCanon PowerShot S45
 ・有効画素数約400万画素 1/1.8型CCD
 ・7.1-21.3mm(35mmフィルム換算:35-105mm)、F2.8(ワイド端)-F4.9(テレ端)
 ・オート/ISO 50/100/200/400相当
 
 当時としては400万画素は結構大きかったしこのクラスでマニュアル露出ができるところが気に入っていた。「4.0MEGA PIXELS」。なんとも誇らしげなシール。 
d0001533_1936678.jpg







背面の1.8型という液晶モニターの小ささが時代を感じさせる。。。
d0001533_19392455.jpg

結構な重さ、サイズもあってゴロンとしている。
d0001533_1941115.jpg

 WEB掲載用としてなら画素数、画質はなんら問題ないのだが、日進月歩のテジもの、そろそろ買い替えしたいと思っていた。特に気になっていたのが今時最低クラスでも標準の手振れ補正。今までISOも200以上はノイズで使い物にならず少し暗くなると手ぶれ写真を量産していた。もちろん腕の無さが主原因なのだが。。

 所詮コンデジだし、メモ、記録用と割り切って自転車で持ち歩く(走る)ことも考え小さいのを探した。ただし、マニュアル露出は外せない。で、選定したのはこれ。 PowerShot S95
 発売からそろそろ2年、近々次期型が出るのは分かっていたが価格も底値?だし評判も悪くはなさそうだったので。同じCanonということで操作系も違和感無さそうだったのも選定理由。
d0001533_1955255.jpg

 ・有効画素数 約1,000万画素 1/1.7型高感度CCD
 ・6.0(W)-22.5mm(T) [35mmフィルム換算 28(W)-105mm(T)]、F2.0(ワイド端)-F4.9(テレ端)
 ・オート、ISO80/100/125/160/200/250/320/400/・・・・・1250/1600/2000/2500/3200   ※ローライト時はMAX12800まで
 
 外観の特徴はレンズ周りのリング。一見、一眼レフで馴染みのあるシャッター速度、絞りリングと同じ感覚で、モードによりそれらの選択ができる。
d0001533_2041891.jpg

 背面の液晶モニターは今時当たり前の大きさだが比べると大きいね。3.0型TFTカラー液晶(約46.1万ドット)
d0001533_2024418.jpg

 両者並んで。
d0001533_2074898.jpg
                   SIGMA f50 F2.8 MACRO EX DG + EOS20D 
S45に比べるとかなり薄くなった印象。。。
今度は何年使い続けることになる??

 そうこうしてるうちにやっぱり次期型出ましたね。PowerShot S100
画像処理エンジンはDIGIC4→5、動画がフルHDになったようだが通常使用にはさほど影響ない。。でしょうね。。それより撮像素子がCCD→CMOSになった違いがどれほどか興味があります。
ただ、デザインはどぅもイマイチな感じ。S95の方が個人的には好み。
 ま、パソコンと同じ「家電」なんだからモデルチェンジは気にせずどんどん使い倒していくつもり。
[PR]

by pyonjy | 2011-09-22 20:27 | カメラ | Trackback

トラックバックURL : http://pyontaro2.exblog.jp/tb/14613044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 矢勝川の彼岸花 PIST >>